--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/30.Mon

“小江戸”のお菓子でお茶の時間

最近、出展用の作品づくりに時間をとられていて
新作がなかなかUPできませんので
しばらくは過去作品を使っての、日常風景です。

雨の予報が見事はずれた、秋晴れの休日の午後。
買い物から帰ってきて、お茶するにはちょっと遅かったけど
でもやっぱり、一息ついてお茶したいもんです。
061030-1
お茶といってもカフェオレですが
添えてあるのは、少し前に埼玉の“小江戸”川越へ遊びに行った時に
買ってきた和のお菓子達です。

かりんとう屋さんで買った、黒糖のかりんとうと
豆屋(?)さんで買った『さくさくあずき』。
061030-2
かりんとうもモチロン美味しかったんですが
(かりんとう好きなんです。^ ^; 素朴な味で・・・)
試食して即購入決定した、この『さくさくあずき』がすごく美味しくて♪

薄く甘味がついた小豆が乾燥していて、本当にサクサク。
小豆の風味も満点だし、和スイーツ好きにはたまらないお菓子でした。

カフェオレにもブラックのコーヒーにも、紅茶にも
和のお菓子は、ちゃんと合うんですよね♪

小江戸・川越の蔵造りの街並も、とても風情があってステキでしたが
いい写真が撮れなかったので、省略といたします m(_ _)m
スポンサーサイト
器とSWEETS | Comments(14) | Trackback(0)
2006/10/21.Sat

あと6週なのに・・・!

私、12月2(土)3(日)に開催されるデザイン・フェスタ Vol.24
陶芸作品を出展いたします。

で、最近はそのための試作をしているんですが
よく日にちを見ると、残りあと6週間しかないじゃないですか!
試作なんて段階じゃ、ないじゃないですか!
つくりだしてから焼き上がるまで、2~3週間かかるんですよ~ (T-T)
かなりヤバい事に気付きました!
061021
この中から、人前に出せるのが何点あるか・・・
そしてこれからつくる中から成功作がいくつ出来るのか・・・
とても毎日は作陶できないし・・・
ディスプレイ用の台なんかも都合しないとだし・・・

あせる現状の、お知らせでした・・・ (^ ^;)

陶芸 | Comments(12) | Trackback(0)
2006/10/16.Mon

Sunday Pizza

最近、休日の夜にピザを作ることが多くなりました。
当然、ホームベーカリーの力を借りるわけですが (^ ^)

で、今回は、いつもお世話になっているクック・パッドで見つけた
激美味!山盛ねぎのマヨピザ by 勇気凛りん を作ってみました。
061016-1
お皿は、出来てからずっと愛用中の角皿
直径25cmのピザでも余裕です。
(食洗機に入らないところが、玉にきずですが・・・ ^ ^;)
隣に、違うバージョンのピザが見えてますが
こちらは定番のタイプです。(お皿に無理がある?・笑)


この、山盛りねぎのピザが美味しかった!
なんといっても、万能ねぎ1束分です。
そしてピザソースを使わず、マヨネーズを使用。
チーズもベーコンもねぎによくあうし
この日一緒に飲んだ、“やや甘口”ワインにもNICE!

ねぎピザ、リピート決定メニューです♪
器と料理 | Comments(19) | Trackback(0)
2006/10/07.Sat

名月不在の十五夜

昨日は十五夜でした。
とは言え、まるで台風のような天気、中秋の名月は全く見えませんでした。
でも一応、今年も十五夜っぽいことをしてみました。
(今夜はとてもキレイな月が出てるんですけどね。)
061007-1
ドシャ降りの雨の中、取ってきたススキに
花はガーベラなんて邪道だなぁ、と思いつつ。

お団子はモチロン手作りです。簡単ですし。 (^ ^)
ずいぶん前につくった、変形の器に盛ってみました。
本当はお団子は15個でしたっけ?数は決まってるんですよね。
でもまぁ。その辺は大目に見て頂いて。

巨大な梨「新高」の手前にあるのは「栗の渋皮煮」。
無謀にも手作りに挑戦したんです。
(お団子と違って、手間も時間もかかって大変だった・・・><)
061007-2
甘さ控えめ。そしてラム酒入り♪
これ、うまく出来たのかどうか、自分ではよくわかりません。 (^ ^;)

お団子は、早々と晩ご飯の後に食べてしまいました。
061007-3
自家製あんこ和え。v

お月見のお供えを、こんなにすぐに食べちゃうのって
ルール違反でしょうか・・・?

*今日でブログ開始1周年となりました。
 途中で更新をサボりつつも、なんとか1年、続けてこれました。
 今までたくさんのコメントと元気を頂き、本当にありがとうございます。
 これからもマイペースでぼちぼち、続けていきたいと思っています。m(_ _)m
陶芸 | Comments(20) | Trackback(0)
2006/10/03.Tue

国宝と、現代アート。

冷たい秋の雨が降る日、
行きたかった美術展が、とうとう終わりそうなので
寒かったけれど、2つハシゴで行ってきました。

まず1つ目は、有楽町の出光美術館で10月1日まで開催されていた
『国宝・風神雷神図屏風』展
061002-1
『風神雷神図』は、同じ図柄を3人の琳派の巨匠が
違う時代に描いています。

オリジナルは、俵屋宗達(たわらやそうたつ)の作品。
これを江戸中期に尾形光琳(おがたこうりん)が発見し
宗達をリスペクトする光琳が、模写します。

そしてその光琳作を、幕末期に発見した酒井抱一(さかいほういつ)が
感動して模写し、3つ目。

その3作品が、今回いっぺんに見られる!
『風神雷神図』好きの私は、見ないわけにいきません♪
同じ図柄なのに、3人のタッチが違うので、雰囲気もそれぞれです。
いちばん迫力があるのは、やはり宗達の作でしょうか。
初めて実物を見て、ちょっと鳥肌が立ちました。f(^-^;
061002-3

その後、Meal MUJIで十穀米のランチをし
次は青山の、ワタリウム美術館で開催中の
『さよなら ナム・ジュン・パイク展』
061002-2
パイク、今年の1月に亡くなったんですね~。
ビデオ・アートが有名ですが、他にも音楽やパフォーマンスなど
様々な表現世界で、常に新しく、そして哲学的だったパイク。

パイクのオフィシャル・サイトも、すごくカッコ良くて面白い!

私の心の中の、ちょっと懐かしい部分の琴線に触れるものが
たくさんある展示でした。

今回の展示期間中、ワタリウムでは
TOWA TEI のミュージアム・ライブがあったり
11月2日には、坂本龍一による追悼ライブもあります。

古い時代から伝わる国宝と、いわゆる『現代美術』の表現者。
正反対のようですが
どちらも、今を生きる私たちの心を動かすことに、変わりはありません。

061002-4
宗達の風神雷神図ポストカードを1対、買ってきたので
早速フレームに入れて壁に飾りました。
私の作品がゴチャゴチャと置いてある上で
風神さまと雷神さまが、見張っているような・・・
展覧会・イベント | Comments(7) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。