--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/29.Tue

小鉢 with アイコ

陶芸を始めたばかりの頃につくったヘタクソな小鉢を
使い易いからと愛用してましたが
そろそろ、つくり直した方がいいかなー、と
先日、突然思いつき、新しく小鉢をつくってみました。
060829-1
せっかくだから足付きで (^ ^)
フチのギザギザの辺りだけ、土の地色が出るようにしたつもりですが
わかるかなー。

のっているのは、ミニトマトの新しい品種『アイコ』。
生まれてまだ、2年位なんだそう。
酸味が少なく実がしっかりしていて、食べ易いトマトです。
調べてみたら、なんと『リコピン含量は既存品種の約2倍』なんだそう!
へー!

この器、足の方は釉薬を掛けていませんが
なんとその、素焼き部分の色が、それぞれ違うのです。
一緒に窯に入ってたのに。
060829-2
同じようにつくっても、焼き上がるたびに違うのは仕方ないな~って
これを見ると改めて思います。

ちなみに4年前につくった、今までの愛用小鉢はこれ。
060829-3
もー初心者丸出し (><)
ですが、こうして昔の作と今の作を並べてみると
私も少しは上達したよね~♪と、思えたりするのです。
スポンサーサイト
陶芸 | Comments(16) | Trackback(0)
2006/08/26.Sat

手抜きティラミス

先日、出来ゴコロで買った、マスカルポーネ・チーズ。
もちろん目的はティラミスです。
賞味期限ぎりぎりに、計画実行。
060826-1
使ったマスカルポーネは、これ。
パッケージに『簡単ティラミス』レシピが出てるんです。
しかも『エスプレッソ・ソース』なるものも付いている!

ティラミスって、フィンガービスケットなんかを
普通は使うんだと思うんですが
この簡単レシピは、マリービスケットを使ってるんです。
えー、それってどうなの?と半信半疑でやってみましたが
なんとなんと、GOODでした♪

読むだけで簡単なのがわかる、このレシピに
私は更に、ビスケットにラム酒、クリームにベイリーズを加えたので
ちょっと大人味になったかも。
060826-2
ガラスの器は、モロゾフのプリンが入っていた物です。
その受け皿と、隣のお茶のカップは、セットでつくったんですが
今回はバラして一緒に使ってみました。

合わせたお茶は、沖縄で買った『ゴーヤ茶』!
変でしょうか? (^ ^;)
でも意外と悪くなかったんですよ♪

ティラミス、次回はもうちょっと
生クリームを減らして作ってみたいなー。
器とSWEETS | Comments(15) | Trackback(0)
2006/08/22.Tue

部屋は4つ。『FOUR ROOMS』

沖縄での休暇は3泊4日の旅でしたが
その3泊すべてを、瀬底島のFOUR ROOMSで過ごしました。
060821-1
その名の通り、客室は4部屋しかありません。
しかも、大人2名1組での宿泊のみ、“大人のスモール・ホテル”なのです。

三方がぐるりと東シナ海に囲まれていて
アジアンリゾートな雰囲気のお部屋は、全室オーシャンビュー。
少し高い所に建っているので、見晴らしは最高です。
060821-2
ベッドには天蓋、そしてテラスにはハンモックが付いています。
060821-3

屋上もあります。
060821-16
実はこの写真の手前側にジャグジーがあるんですが
水着姿ではしゃぐ写真しかなくて…UPできませんでした… (^ ^;)

食事は1階の、オープンなダイニングスペースで戴きます。
060821-7
海を眺めながらの食事です。

ここのお料理は、沖縄の素材を使ったイタリア料理なんですが
これがまた、特筆すべき美味しさ!!!
全部を紹介したいところだけれど、一部だけ・・・
060821-17
近くの港に揚がったカツオのカルパッチョ。と、沖縄の魚“マチ”のマリネ。

カツオやらマグロやら、沖縄で採れるのですね。
そう言えば町中に、マグロとかカツオとかの看板がありましたっけ。
それから初耳だった“マチ”。
タイみたいだ~、と言いながら食べたんだけど
調べてみたら、やっぱりタイの仲間のようです。

060821-5
“やんばる豚”のビネガー煮込み。と、パイナップルのバルサミコ酢がけ。
お肉がほろほろで、超美味♪
パイナップルにバルサミコっていうのも、GOOD!
060821-9
お酒はオリオンの生ビールを飲んだり、泡盛を飲んだり♪
夜は夜で、ダイニングの雰囲気が変わってステキなのです。
060821-6

一方、朝ご飯にも感動!
060821-12
ゆっくりめの朝ご飯に、凝ったカレーや
スクランブルエッグにチリコンカンのせ、とか
暑い朝にスパイシーなご飯の美味しいこと!!

手を掛けた美味しい料理を食べるって
ものすごく豊かで満ち足りた幸せなんだーって
この4日間、しみじみ思ったのでした。

060821-15
これは近くを散歩した時の海。本当にキレイ♪

ホテルに置いてあった、個性的なシーサーを作る作家さんのショップを
FOUR ROOMSのオーナーさんに教えてもらい
帰りに寄ってみました。
恩納村の『ゆしびん』というお店です。
060821-13
店内もイイ感じ♪
漆喰と素焼きでつくったシーサーを、1つ買いました。
“こわれもの”なので、飛行機に乗る時も大事に抱えて (^ ^)
060821-14
部屋の中でも、そのワイルドな表情で鎮座しています。

3年ほど前だったか、実はテレビの旅番組で知った、このFOUR ROOMS。
すぐにHPを調べてブックマークした日から
だいぶ時間は経ったけど、願いが叶った4日間。
海が美しい瀬底島を知るきっかけにもなったし
今度は季節を少しずらしてまた行きたいと思う、心に残る宿なのでした。
連泊が、正解 (^ ^)v
| Comments(18) | Trackback(0)
2006/08/19.Sat

バカンスは瀬底島で。

13日から4日間の休暇を、沖縄・瀬底島で過ごしてきました。
直前の天気予報では、最悪な天気になりそうな気配でしたが
行ってみたら、なんと4日間すべてが晴天 (^ ^)

瀬底島は『美ら海水族館』のある本部町の島で
本島とは橋でつながっています。
その海は、キレイな沖縄の海の中でも特に透明度が高く
素晴らしく美しいのです。

今日は、沖縄で過ごした4日間のダイジェストを写真にて。
060819-2
1日目は、瀬底大橋のすぐ下にあるビーチで。
エメラルドの海と、珊瑚の白い砂浜!!
左の写真は、瀬底島の“アンチ浜”から本島を見たところです。
060819-3
ここ、ウニがたくさんいるのです!
後でわかったのですが、このウニ、食べられるらしい。
胸まで水に浸かっても、底にいるウニがよく見えるほどの透明な海!
060819-5
続いてこちらは、2日目に行った浜。
最初の日の浜とは島の反対側にある“瀬底ビーチ”。
ここがまた、ものすっごくキレイな海!
しかもサンゴの岩にたくさんのプチ洞窟があって、パラソルいらず♪
人もあまり多くなくて、浜辺では本当にのんびりと時間が過ぎます。

せっかくなので、近くにお出掛けもしました。
まずは島からも近い『美ら海水族館』。
060819-6
大きなジンベイザメ、ばっちり写せました (^ ^)v
060819-7
こんなコも♪

世界遺産『琉球王国のグスク及び関連遺産群』のひとつ、
『今帰仁城跡』へも行きました。
060819-8
小高い所から、城跡と林の背景に海も臨める、素晴らしい場所です。
060819-9

今回、沖縄の中でも瀬底島へ行ったのは
前から泊まりたいと思っていたホテルがあったのが
大きな理由のひとつです。
次回は、このホテルの事をご紹介したいと思っています。
060819-10

まずは駆け足で、バカンス報告でした♪
| Comments(11) | Trackback(2)
2006/08/12.Sat

問題は、お天気。

明日から4日間、海辺でバカンスを過ごしてきます。
060812
PCは持って行きませんので、その間は
コメントへのお返事も、なかなか出来ないかと思います。
ご了承くださいませ・・・。

やっと仕度も終わり、残る問題は
明日からのお天気なんですが・・・

いい報告が出来ることを願いつつ
「行ってきます♪」


未分類 | Comments(7) | Trackback(0)
2006/08/10.Thu

甘いモノ好き

和菓子やケーキを食べる時に、と思って
陶のプレートをつくりました。
まずは手製のレアチーズケーキをのせて。
060810-1
プレート、もうちょっと大きくても良かったかな。

ベイクド・チーズケーキは何度も作ったけど
レアタイプを作るのは、実は初めてなのです。
でも、火もオーブンも使わないので夏場はいいですね♪
ベランダのミントと、冷凍庫のブルーベリーも、出番です。

ただ、このプレートの色、白の化粧土をかけたはずが、妙に赤っぽい。
060810-2*
焼き上がった時にちょっとビックリして
「先生っ!白かけたのに、なんでこんな色なのかなっ?!」と聞いたら
「あ~。白土じゃなくて、ピンク色の土だったみたいね~。はっはー♪ ^ ^」
だって。orz
「はい、白い土。」って言って渡してくれたのに・・・(T-T)

細かいようで大雑把な、我が師です。
まあ、これはこれで使えるので、良しとしましょう。

次回からは、土の色にも要注意!

器とSWEETS | Comments(8) | Trackback(0)
2006/08/08.Tue

アボ・ジュニア

アボカドが大好物で、週に1回以上は必ず食べている私。
1度はやってみたかった『アボカドの種栽培』にチャレンジ中です。
確か4月頃(ちゃんと覚えてません・・・ ^ ^;)に
土に直接埋めた種から芽が出て、今ではキレイな葉も伸びてきました。
060804-1
土からの高さが30cm。
最初は冴えなかった葉の色も
だんだん鮮やかになってきました。

以前、新聞に『種の先端を少し切って、土から少し出して植える』と
掲載されていたのを、まんまやってみた訳です。
060804-2
中心がパカッと割れて、そこから芽が出てきます。
でもアボカドの発芽は、かなり時間がかかります。

実は2月頃から、ネットで調べた水栽培の方法でも
何個も試していたんですが・・・
1ヶ月以上待っても何の反応もない種もあり
しかも、けっこう面倒臭いので (^ ^;)
今では水栽培バージョンは、1個だけになってしまいました。
060804-3
結構スゴイ見た目になってますが
これで2ヶ月以上経ってるかな?
種に爪楊枝を3カ所さして、ゼリーなんかの空き容器にのせて栽培します。
水栽培の方が早いって出てたんですが
やってみたら土に植えた方が、早くてラクチンでした。

成長の遅い水栽培のコも、少しずつは伸びているようですが
この先どうなることやら・・・
植物 | Comments(6) | Trackback(1)
2006/08/05.Sat

Yellow & White

昨日も今日も、とてもとてもとても暑いです。
なのでこんな日は、冷たいヴィシソワーズ。
黄瀬戸のスープカップで。
060805-1
このスープカップで冬には豚汁やシチューを食べてたけれど
暑い夏にはやっぱり、冷たいスープを合わせて♪

ジャガ芋と玉ねぎをバターで炒めてから煮るのが本式なのでしょうが
私はいきなりコンソメで煮てしまいます。
しかも圧力鍋なので、あっという間♪
ミキサーにかけて、牛乳を加えて冷やして
仕上げに生クリームとあさつき。
超簡単でおいしい、夏の優れものメニューです (^ ^)v
060805-2
写真の向こう端にこっそりといる、片口。
白い釉薬を掛けたとは思えないこの色。
そして不細工な姿!
こぢんまりと写真をのせてみました・・・ (^ ^;)

冷たいスープは他の食材でも応用がきくので
今年の夏は、このスープカップを使うべく
色々と作ってみたいと思っています。
器と料理 | Comments(10) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。