--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/12/31.Sat

良いお年を!

今年も残すところ数時間となりました。
10月からこのブログを始め、なんとか3ヶ月となりました。
その間に、訪問していただいた方々、
またコメントしていただいた方々、
その上リンクまでして頂いた方々、
本当にありがとうございました!
皆さまどうぞ、よいお年をお迎えくださいませ・・・

おおみそか

スポンサーサイト
陶芸 | Comments(6) | Trackback(0)
2005/12/29.Thu

iMacとiPodがやって来た!

1週間ぶりにやっと更新いたします。Appleです。

私は仕事柄ということもあり、ずっとMacのみ愛用してきました。
でもなかなかOSを完璧にXへ切り替えることが出来ず
Power Mac G4にPantherと9.2を両方入れて使っていたのです、が!

ここへ来て、OS9無しでもいけそうになったのと
インテル製プロセッサ搭載Macが突然(いつも!)発売になる前に
Apple ネイティブ機が欲しい!という思いがつのり、とうとう買ってしまいました♪
ジャ~ン!! iMac G5 20インチ!リモコンまで付いてる~!

iMac

(写真の色、悪いですが・・・汗)
Power Mac 使ってたわけだから、やっぱり新しくする時もPower Mac G5だわって
ずっと思っていたんだけど、とんでもなかったっす!iMacあなどるなかれ!
今時のiMacったら、私が使っていたクイックシルバーのG4よりも、ずっとハイパフォーマンスなのです。

驚いたのは、古いMacから新しいマシンへのデータの移行があっという間、という事。
iMacを初めて立ち上げる時に、Fire Wire で両方を繋げたら
そのままFileやFolderはもちろん、アプリケーションまで移せるんです!
すぐに今までの環境で作業が出来るようになってて、本っ当に驚き!

と、そしてそしてクリスマスにな、な、なんと!
iPod (30GB)をプレゼントしてもらっちゃったのです~!超サプライズ。

iPod

この2つ、なんとウチにやって来たのが5日違い。
5日間で私ったら全く新しいApple機器保有者になってしまったのですよ。
でもまだPodcastとか、よくわかってないんですけどね♪
新しいこと、覚えるのも楽しみ♪♪

ちなみにこれは、下取りに出す前に撮っておいた旧いMacまわり。
かなり狭くてゴチャゴチャしてますが・・・
お世話になりました~!

G4





Apple | Comments(4) | Trackback(0)
2005/12/22.Thu

使い道は?ナゾの器ができあがり。

何だかやたら忙しい中、焼き上がった作品を取りに工房へ行ってきました。
普段は、作品作りに行くついでに作品を持ち帰るんだけど
今回は時間がないので、取りあえず・・・

今回仕上がったのは豆のサヤみたいな変形器

工房にて

この器、自分でもまだ使い方をよく考えていないので
ひとまず自宅のリビングの隅に置いてみました。
プロフィール写真の、ライトカバーと一緒に・・・。

まめさや器

陶芸 | Comments(15) | Trackback(0)
2005/12/18.Sun

自家製梅酒だから、手作りの器で…

自分で梅酒を漬けるようになって、今年で4年目になります。
5月末から6月の初めに、今年は3本も仕込んで半年、
12月に入ってやっと(勝手に)「梅酒解禁」です。

うめしゅ

なぜか今年の梅酒は美味しい!
なので毎日飲んでいたら、早くも1本目がなくなりそう^^;
ちなみに写真はお湯割りです♪

入れている器は、何年か前にビアマグとして作ったもの。
今見ると、本当にヘタくそ!
でもビールだけじゃなく、アイスコーヒーにも、こうしてお湯割りにも、と愛用中。
陶器だからお湯割りでも熱くなく持てるので、ホットでもOKなのです。

梅酒のカップ

器の中です。
底にブルーのガラスを入れたので、覗くとこんな感じ。
使う時は全然わからないんですけどね。
季節を問わず、出番の多い器のひとつです。

器と料理 | Comments(12) | Trackback(0)
2005/12/16.Fri

「吉村順三建築展」へ。

上野の森の、東京芸術大学・大学美術館で開催されている
吉村順三建築展へ行ってきました。

吉村順三

没後8年余り。吉村順三さんという建築家、私は全然知らなかったんですが
少し前にNHKで「簡素にして品格あり・建築家吉村順三」と紹介されているのを見て
モーレツにこの展示に行きたくなったのでした。

とても自然で趣があり、しかもモダンなデザインの住まいを多く造る一方で
公共の施設もたくさん手掛けています。

上のパンフの写真は「軽井沢の山荘」。NHKでもこの建物を中心に紹介していました。
これは自身の別荘なのですね。すごく素敵。
この山荘に限らず、どの住まいも奇をてらったものではありません。

吉村作品

住む人の「暮らし」をとても大切にし、生活とともに家も育っていく…
吉村氏は音楽や美術など「創り出す」人達の住まいも
いくつも造っていますが、それも何だかわかる気がします。
(なんとロックフェラー邸も手掛けている!)

豪邸から狭小住宅まで、どれもこれも、この人らしい美しい佇まい。
なのに全然、生活の邪魔をしないシンプルなフォルム。

感動したのは障子です。
障子のある生活なんて、まるで考えていなかったけれど
「吉村障子」と呼ばれる吉村氏独自の、枠が大きめ長方形の障子。
この障子は、展示とは別のスペースで体感できるようになっています。
光を淡く取り入れながら間仕切りやブラインド代わりとしても機能する、
う~ん障子って良い!

もちろん「建築展」と言っても建築物があるわけではなく
図面や模型やビデオ上映の展示ですが
建築素人の私でも、その足跡を感動とともに見る事が出来ました。
25日の終了前に、行っといてヨカッタ♪
展覧会・イベント | Comments(10) | Trackback(2)
2005/12/12.Mon

久しぶりに会ったMY作品

久しぶりに遊びに行った友人宅。
そこには、現在“レンタル移籍中”の私の作品があるのです。
それが、これ。真ん丸の花器たち

まるいの

大きい物は、ちゃんと中に剣山が入れられるようになっているので
花を生けると面白い形になるんです。
ちょっとした思いつきで始めた、丸い花器のシリーズです。

以前「譲って欲しい」と言われたのだけど
ちょっとこれは色んな予定があるのでダメ、と断ったら
「じゃあ貸し出して♪」なんて言われてしまい、しぶしぶOKしたのでした。
でもいつ行っても、この通り、とても素敵にディスプレイされていて
彼女のセンスの良さに、いつも感心してしまうのです。
間接照明の光で、かなりイイ雰囲気のコーナーになっていました。
貸し出し、大成功♪

陶芸 | Comments(6) | Trackback(0)
2005/12/09.Fri

寒いから、スープカップで豚汁もシチューも。

こう毎日寒い季節になると、必然的に温かいメニューが恋しくなり
連日シチューやら豚汁やらを食べています。

そこで活躍しているのが、秋に作った黄瀬戸の耳付きスープカップ
足やら耳やらの余計な物を、どーも付けたくなってしまうタチなもので
この器も、変な耳、ってゆーか取っ手を付けてしまいました。

カップと豚汁-

シチュー用、と思って作ったのですが、豚汁でもOKかな。
予定より小さくなっちゃって、ちょっとガッカリだったんだけど
使ってみると意外と量が入るので、ひと安心です♪

初めて使った、黄瀬戸の釉薬。
焼き上がるまでドキドキでしたが、料理に合わせやすい色になりました。

カップとシチュー

こちらは予定通りシチューを盛った姿。
青味のブロッコリーがなくて、急遽チンゲンサイで代用してしまいましたが
意外と“あり”でしたよ。


器と料理 | Comments(10) | Trackback(0)
2005/12/08.Thu

デザ・フェス公式ブログから、トラックバックが!!

28日にアップした、「東京デザインフェスタ」の記事に
今日トラックバックが付いたのですが
それがなんとデザインフェスタ公式ブログから!!
うわ、ビックリ。
調子に乗って、こちらからもTBしてしまいました。

ちなみにその公式ブログは、こちらから。 

私も来年あたり、出展したいな。
展覧会・イベント | Comments(2) | Trackback(0)
2005/12/07.Wed

故・うずちゃん

突然ですが、昨日の午後、うちのハムスターの“うずちゃん”が急逝致しました。
ジャンガリアン・♀。1歳9ヶ月でした。

在りし日の、うず。
うずちゃん

手前には、私が作ったうず用の陶器のエサ入れも写っているので
これはいい記念の写真となりました。

2ヶ月前に具合が悪そうだと思い、あせって獣医さんに診てもらった時に
「病気ではなく加齢ですね。」と言われ、ショックでした。
でもそれから日に日に、年老いた感じになってきてたんです。
ケージ内の階段をうまく上れなくなったり、
大好きなひまわりの種を、自分で割ることができなくなったり…。
顔つきも何だか、オバアチャンぽくなっていました。

だけどまだまだ生きてくれる、と思っていました。
お昼過ぎには、普通に眠っていたのに。

最期の瞬間を看取ってあげられなかったのが、本当に悔しくて悲しい。
仰向けに倒れていて、最期は苦しかったのかも………。
気付いた時には、冷たく硬くなっていたのでした。ごめんね。
最初は気が動転してしまい、しばらくの間、立ち尽くすことしかできませんでした……。

少し思考回路が働くようになってから
早くに葬ってあげた方が良いのかな、と思い、色々と考えましたが
タウンページで調べたペット葬祭業者に連絡し
今日、火葬してもらいました。

ずいぶん昔にテレビで、誰だったか(ぎぼさん?だったかな)
ペットをあまり大げさに葬るのは分不相応で
かえって成仏できないから動物が亡くなった時は簡単に、と言ってたんです。
なるほど、と思っていたので
一番簡単な、合同火葬・合同墓地でお願いしました。

焼かれる前のお別れも、それを待つ間も、涙が止まりませんでした。
そして焼けたお骨の小さいこと……。

うずちゃん、今まで本当にありがとう。どうか安らかに眠ってね。
合掌。


未分類 | Comments(7) | Trackback(0)
2005/12/05.Mon

ポインセチアだって、やきものの器に。

ポインセチアです。季節柄。
燃えるような真っ赤で、テーブルの上を彩っています。

ポインセチア2

普段は鉢植えって、買った時のプラスチックの鉢から出して
自作の鉢、もしくは素焼きの鉢へ植え替えるんだけど
今回は、口がギザギザの黒い器にプラ鉢のまま
入れてみました。鉢カバーということですね。
写真だとわからないですが、口というか縁が細かいギザギザになっています。

クリスマス時期の風物詩、ポインセチア。
なのに、やきものの器に入れるってミスマッチかなぁ、と思いつつ
いいのだ私は陶芸馬鹿だから。という結論で決行です。
黒だしシンプルだしね!

陶器と植物 | Comments(6) | Trackback(0)
2005/12/02.Fri

大混雑の「HOKUSAI展」へ。

やっとやっと平日に時間ができて行ってきました。
東京国立博物館の「北斎展」へ。
12月4日の終了になんとか間に合った!

連日すごく混んでいて、特に午後がスゴイってことなので
平日でも9時半の開館待ちすべきだわ、と思ったけれど
事情により結局は10時すこし前に到着。
ヤバイ、すでに人はたくさん来てる~!

12021



作品は、北斎の20歳(数えだから実際は19歳)のデビュー作品から展示してあります。
この人、作家としての名前を何度も変えているのですね。
でもハタチの頃から70年間、なんと90歳まで
力作を描き続けてる……スゴイ。

作風も変遷をとげていきます。
常に流派や伝統にとらわれることなく、でも良い所は取り入れて
新しいスタイルを生み出していったのですね。
まさにアーティストだ!!

印象派の西洋画家たちにも多大な影響を与えた北斎だけれど
彼自身も、西洋画の遠近法を取り入れていたりして
芸術って意外なところで影響し合うもんだな、と。

展示作品数が、ものすごく沢山あるんだけど(およそ500)
その多くが、海外の超一流美術館の所有なのには驚き。
早くから海外で高い評価を得ていた証拠ですね。
確かに、代表作の「富嶽百景」中の有名な赤富士なんか
モダンなインテリアの中に飾られたらどんなに素敵か!!
欧米の人の心をとらえたのにも納得です。

1時頃、外へ出てみてビックリ!長蛇の列ができている~~!!!
私が着いた時も人が多いって思ったけれど
あれ、全然すいてたんだわ。

その、到着時に人が途切れた瞬間をねらって撮った写真。
出てからじゃ、とてもこんな写真は撮れなかったな~

国立博物館


展覧会・イベント | Comments(9) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。